このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

令和4年度「飼料用米多収日本一」応募フォーム

農林水産省では、令和4年度の飼料用米を、概ね1ha以上作付けしている方を対象に、令和4年度「飼料用米多収日本一」に関する応募をうけたまわっています。

次の事項をお読みになり、必要事項を入力の上、「送信確認」ボタンを押してください。

  • 情報の取り扱いについては、「プライバシーポリシー」をご覧ください。
  • このページで入力された情報は、SSLと呼ばれる暗号化通信技術により保護されています。
  • 入力に際しては、半角カタカナ、丸囲みの数字、ローマ数字、全角1文字になっている単位・記号などの機種依存文字[別ウィンドウで開きます]はお使いいただけません。

住所(都道府県)(必須)
住所(市町村以下)(必須)
電話番号(必須)
メールアドレス(任意)
応募者との連絡にのみ使用します
1 当年産の経営概要
1(1) 氏名(集団の場合は集団名および代表者名)(必須)
氏名(ふりがな)(必須)
1(2) 飼料用米作付品種名(必須)
1(3) 飼料用米作付面積(単位:アール)(必須)
飼料用米の作付面積は、「営農計画書」に記載された面積(飼料用米種子面積を除く)
1(3) 経営全体の全水稲作付面積(単位:アール)(必須)
1(3) 全経営面積(単位:アール)(必須)
2 当年産の収量向上の取組(該当を選択してください)
2(1) 品種の選択理由(複数選択可)(必須)
2(1)で、その他を選択した場合理由を記載してください。
2(2)① 土壌改良資材・基肥(複数選択可)(必須)
2(2)①で、その他を選択した場合理由を記載してください。
2(2)② 追肥(複数選択可)(必須)
2(2)②で、その他を選択した場合理由を記載してください。
3 当年産のコスト低減の取組み(該当を選択してください)
3(1) ① 輪作の実施(必須)
3(1) ② 輪作ありの場合、前々年産の品目名
3(1) ② 輪作ありの場合、前年産の品目名
3(2) ① 播種形式(複数選択可)(必須)
3(2) ② 育苗・移植のコスト低減の取組(複数選択可)
3(2)②で、その他を選択した場合理由を記載してください。
3(3) ① 耕畜連携による堆肥利用(必須)
3(3) ② 基肥等の施肥方法(複数選択可)
3(3)②で、その他を選択した場合理由を記載してください。
3(3) ③ 追肥の施肥方法(複数選択可)
3(3)③で、その他を選択した場合理由を記載してください。
3(4) 病害虫防除方法(複数選択可)
3(4)で、その他を選択した場合理由を記載してください。
3(5) ① 乾燥コスト低減(必須)
3(5) ② 乾燥・調製(ライスセンターやカントリーエレベータ等の共同施設利用等)(複数選択可)
3(5)②で、その他を選択した場合理由を記載してください。
3(6) 出荷方法 (態様)(複数選択可)
3(6) 出荷方法 (荷姿)(複数選択可)
3(6)出荷方法(荷姿)で、その他を選択した場合理由を記載してください。
3(7) 規模拡大等(複数選択可)
4 飼料用米の販売先等(販売先が複数の場合、最も出荷数量の多い1社分を記入してください)
4(1) 販売先名(必須)
4(2) 流通区分(必須)
5 飼料用米の販売価格等(実需者と直接取引を行う場合で、販売価格等を把握できる場合のみ回答してください)※販売先が複数の場合、最も出荷数量の多い1社分を記入してください
5(1) 引渡方法
5(2) 輸送費負担
5(3) 農産物検査(検査料負担)
5(4) 販売価格(品代)(可能な範囲で記入してください)
品代:円/kg
販売価格(品代)の輸送料・手数料
5(5) 輸送料・手数料等(可能な範囲で記入してください)
輸送料(円/kg)
手数料(円/kg)
その他〇〇料(円/kg)(その他料金があれば、可能な範囲で記入してください)

  


お問合せ先

農産局穀物課

担当者:企画班 川口、日高
代表:03-3502-8111(内線4846)
ダイヤルイン:03-3502-5965